mapu art gallery

日々のアートなこと・モノ、音楽、食・呑み、建築・・旅で見たもの・買ったもの、 ギャラリー・美術館インフォ、自作/他作品などなど、 アンテナがピンと立つ!毎日がステキになるオモシロ情報発信

ウズベキスタンの織物

mapuです。

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

今日のアート 民芸品@ウズベキスタン

f:id:mapu888:20200330225727j:image

ウズベキスタン、ブハラの民芸品。

左はポシェット。

今から10年前、

当時、デジカメ使ってたから、

カメラは常にこれに入れて。

今のスマホのサイズとも一緒。

 

右は、櫛を入れるポーチかな?

地元の人にいただいたお土産。

手作りの櫛のいびつなかわいさ。

美しい刺しゅう入り。

どちらも、

ちいちゃい鈴がついてる。

 

↓ ブハラ 夕暮れのモスク

 

美しすぎて、

言葉では言い表せない。

(チビちゃんも見惚れるぐらい笑)

f:id:mapu888:20200330232632j:plain

ブハラはシルクロードの交易の拠点として栄えたオアシスの地で、サンスクリット語で「修道院」を意味する。1220年にチンギス=ハンの襲来によって町は破壊されたが、16世紀にウズベク人のシャイバーン朝により復興。以降、ブハラ=ハーン国(ブハラ=アミール国)の都として栄えた。19世紀後半、ロシア帝国によって征服され、同帝国の植民地に組み込まれた。ロシア人たちはムスリムたちが住む旧市街を避け、新たに新市街地(ウズベク語ではカガン)と称する近代都市を作った。それゆえ、ブラハの旧市街地は今も歴史的な姿をとどめており、1993年にはブハラ歴史地区として世界文化遺産に登録された。

引用:ウズベキスタン紀行 <中編> 「シルクロードと クラフトの街、ブハラ」 (1/2) - T JAPAN:The New York Times Style Magazine 公式サイト

 

f:id:mapu888:20200330225723j:image

こちらは、壁につるして、

手紙などを入れるもの。

カワイイでしょ?

もったいなくて未使用。

 

このほかにも、

このシルクロードの街では

たくさんの織物、スダニというタペストリー、

花瓶敷、絨毯などを売っている ↓

 

f:id:mapu888:20200330232311j:plain


 f:id:mapu888:20200330232132j:plain

それぞれの柄に

意味があるんです。 

 

想い出は

だれにも奪われないし、

壊れない。

 

悲しい時、

心が乾きそうな

こんな時、

箱を開ける。

 

シルクロードの民が織りなす

悠久のロマンが

豊かに彩ってくれる。

 

さて、今日から4月。

新しい一日になりますように。