mapu art gallery

日々のアートなこと・モノ、音楽、食・呑み、建築・・旅で見たもの・買ったもの、 ギャラリー・美術館インフォ、自作/他作品などなど、 アンテナがピンと立つ!毎日がステキになるオモシロ情報発信

アメリカの友人推薦♪ 思ひで@深夜食堂

mapuです。

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 今日のアート 

「思ひで」鈴木常吉 深夜食堂より

  

https://www.youtube.com/watch?v=_RHTpXniEEk

 

 https://www.youtube.com/watch?v=2t9yQYyXpSE

 

 

梅雨に入りましたぁ。

お久しぶりです。お元気ですか?

 

先日、

アメリカはマイアミに住む

アフロアメリカンの友人に繋がったところ、

デモどころか、

まだまだstayhomeらしく、

上記の音楽とドラマにハマってるそうww

 

逆にこの曲おススメされました。

 

なるほど・・

改めて聴いたら、いいね。

 

何か忘れていたものを

思い出したような、感覚。

 

コメントも世界中から!

 

深夜食堂」のごはん、おいしそ。
これは、深夜に見たらヤバ笑

 

↓ これもおススメ

 

 

 

 ところで、

バンクシー、新作どんどん出してた。

 

彼の出身地イギリス、ブリストルにある

奴隷商人の像が引きずりおろされたというニュースで。。
ええこと言うてる。

 

f:id:mapu888:20200612155709p:plain

バンクシーインスタより

アメリカ・ミネソタ州でジョージ・フロイドが殺害され、人種差別主義に対する抗議活動が世界的に広がるなか、バンクシーがまたも作品を発表した。

 6月6日、自身のInstagramアカウントで蝋燭の火によって燃えつつあるアメリカ国旗と、その下に黒い人物の肖像を配した作品を公開したバンクシー。次なる作品(ドローイング)は、銅像とそれを引きずり倒す人々を描いたものだ。
 バンクシーは投稿において、次のようにコメントしている。「ブリストルの真ん中にある空っぽの台座をどうする? コルストン像を恋しく思う人と恋しくない人の両方に対応できるアイデアがある。コルストン像を海から引きずり出し、台座に戻し、ケーブルを首に巻きつけ、彼を引きずり下ろすデモ参加者の等身大のブロンズ像をつくるんだ。誰もが幸せになる。素晴らしい日を記念して」。
 イギリス南西部にあるブリストルでは7日、17世紀の奴隷商人エドワード・コルストンの銅像を抗議者たちが台座から引きずりおろし、引き回した末、ブリストル湾に投棄した。バンクシーの投稿はこれに言及したものだと思われる。
引用:美術手帖

 

 

さ、「家庭の平和」に目を向け、

今日も晩御飯、何しようかな・・

 

最近、冷ややっこばっかり(笑)

きのう、肉じゃが
ナスとブリの豆板醤炒め、と。

f:id:mapu888:20200612160745j:image

 

 

 

天から降り注ぐ、

恵みの雨のなか、ステキな週末を。