mapu art gallery

日々のアートなこと・モノ、音楽、食・呑み、建築・・旅で見たもの・買ったもの、 ギャラリー・美術館インフォ、自作/他作品などなど、 アンテナがピンと立つ!毎日がステキになるオモシロ情報発信

オンライン美術館

mapuです。

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

今日のアート 

デンマーク人画家 ハンマースホイ@オンライン美術館

 

f:id:mapu888:20200417175726j:plain

「室内」 ハマスホイ

 

『 アートを、もっと身近に 』

まだ、小学生くらいの頃だったか、両親に連れられて美術館を訪れた。
別に両親はアートに関心があるわけではない。ただ県立美術館が新しく開館したので、物珍しさで訪れただけであった。
そこで、マルク・シャガールの『アレコ』という作品に出会った。
県立美術館の中心にある、縦・横21m、高さ19m、四層吹き抜けの大空間に、これまた、高さ約9m、横約15mの巨大な画が3つ鎮座していた。
その迫力に圧倒され、3時間くらいだっただろうか、私はただただ立ち尽くしていた。
両親に、帰りを催促されるまで、この空間から離れようとは思わなかった。
次の日から、美術の授業は最高の時間に変わり、鉛筆は、ただの文字を書く道具ではなくなった。
私はあのとき、もう一度この世に生まれたのかもしれない。
アートは、素晴らしい。
その出会いと感動は、人生すらも変える力があると私は思っている。
しかし、この日本では、アートと触れ合うことのできる機会は決して多くない。
そんな現状を変えたくて、このサービスを立ち上げた。
このサービスによって、アートを通して幸せになる人が1人でも増えればと、そんな想いを込めて、サービスの企画・開発・運営を行っております。
ご拝読、誠にありがとうございます。

 

引用:HASARD代表 紺野さん

wam-hasard.com

  

美術館に足を運ぶ一番の利点は、

作品をこの目で見て感じられること。

 

でも、このご時世、

いつでも見られるのは

ありがたいですね。

 

東京都美術館ハンマースホイ展覧会、

行きたいけど・・どうしよう?

と思っていた矢先でした。

 

ハンマースホイ(1864-1916)は

彼が描く風俗画から、

「北欧のフェルメール」と

呼ばれているそうです。

 

見てみると・・

 

女性は後姿ばっかりで、いい女風。

後ろ振りかえって。。

ただ窓だけの空間も逆に気になる。

 

・・

多くを語らず、

その静謐感を味わってください。

 

その他、

ゴッホ、モネ、ミュシャなどもご覧になれます。

 

今日もアートな一日を。