mapu art gallery

日々のアートなこと・モノ、音楽、食・呑み、建築・・旅で見たもの・買ったもの、 ギャラリー・美術館インフォ、自作/他作品などなど、 アンテナがピンと立つ!毎日がステキになるオモシロ情報発信

秋の夜長はMOTOWN

mapuです。

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

今日のアート

映画「Making of Motown

f:id:mapu888:20201016174819j:plain

ビートルズローリング・ストーンズもその影響の大きさを公言する、日本を含む世界の音楽に影響を与え続けているモータウン。愛称はヒッツヴィルUSA。  
創設者ベリー・ゴーディは、米ミシガン州デトロイトの西グランド通り2648番地にある一軒家を拠点に、若者に向けたポップな音楽を発信し、アメリカン・ドリームを実現させた。上昇志向が強く大金を掴むことを夢見ていた彼は、新聞販売員を経てジャズのレコード店を経営し、実業家としての一歩を踏み出す。ジャッキー・ウィルソンの曲を作って音楽業界に参入。1959年、家族から借りた800ドルを資金にタムラ・レーベルをスタートさせ、モータウンの歴史は幕を開けた。
黄金期を彩ったのは、ミラクルズ、テンプテーションズダイアナ・ロススプリームス、フォー・トップス、スティーヴィー・ワンダーマーヴィン・ゲイジャクソン5、マーサ&ザ・ヴァンデラスといったスターたち。ダンスやエチケットも含め徹底した管理体制を敷き、全米No.1ヒットを連発していく様は、かつてゴーディが働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントにしていた。特にクオリティ・コントロールと呼ばれた品質管理会議は、ソングライターやプロデューサーたちの競争心を煽り、ブランドに磨きをかけていく。一方で苦難にも直面した。人種差別や暴動、作家の離脱。それでも、人種や性別に分け隔てのない社風同様、モータウンの音楽には分断した社会をひとつにする力があった。やがて反戦などの社会的メッセージを含んだ革新的な楽曲も登場。時代を作った数々の伝説の楽曲によって、軌跡を辿っていく。

cinerack.jp

 

公開からかなり遅れましたが、

もう巷ではたくさんの解説が出てるので↑

この記事は敢えて解説なしで。

 

 

 


Marvin Gaye - Mercy Mercy Me (The Ecology) [playlist-friendly]

 

 

 

 


Diana & Marvin - You're my everything

 

 

 

 

Stevie Wonder - Part Time Lover (Lyrics)

 

 

 

 


Jackson 5 - Never Can Say Goodbye

 

 

 


DeBarge- Stay With Me

 

 

 

 


BoyzⅡMen‐Water Runs Dry With Lyrics

 

 

 

 

 


Erykah Badu - On & On (Official Video)

 

 

 

 


Al Green - Let's Stay Together

 

 

BoyzⅡMen以外、

すべてリアルタイムでは聴いてないんだけど、

いつまでも新鮮でキュンですww

 

 

マービンゲイなんか、

歌声に引き寄せられカセットテープを買った、

25年前のロンドン、

スイスコテージのフリマを思い出し、

今でも切なくなります。

 

その後発覚、

好きになったアーティスト、

「彼も、彼女もモータウンか‼‼」

 

愛あふれるリアルメイキングストーリーを

映画で見られて、こんなうれしいことありません。

 

 この他にも誰もが知る、

身体が思わずビートを刻むような素晴らしい曲がたくさん。

 

 

さてさて、

こんな感じで秋の夜長に合う曲ばかりを、

偶然にも選曲してました。

 

今日は久しぶりの秋雨だったからかな・・。

 

楽しんでいただけたら幸いです♪